Travel Information 
ساياھەت

Qeshqer(カシュガル・喀什)               

 掲載情報2010.9現在    

   【ACCESS】

    ■飛行機  

カシュガル空港は市内から約10km北の地点にあります。飛行機で到着した場合、空港にはミニバスが到着時間にあわせて待機しており、市内へ10元で行ってくれます。ドライバーさんに行き先を伝えて(ホテル名とか観光地名でも大丈夫です)、OKをもらってからバスへ乗りましょう。その他の交通手段としはタクシーや路線バスもあります。タクシー料金は片道20元~30元、バスは空港の正門を出たあたりから2路バスが市内へ走っています。(一般旅行者にはバスは難しいのでタクシーかミニバスをオススメします)

 

    ■鉄道  

カシュガル駅は東の郊外にあります。列車で到着した場合、タクシーまたは路線バスで市内へ向かうのが便利です。タクシー料金は片道20元前後が目安です。路線バスは28路が市内へと走っています。

 

    ■バスターミナル  

カシュガルにはいくつかのバスターミナルがあり、行き先によって使用するバスターミナルが異なっています。旅行者がよく使うバスターミナルとしては、市内中心部・人民公園近くのものがあげられます。このバスターミナルでは列車の切符も購入することができますが(7日以内の切符・手数料5元)、時期によると大行列となり、入手するのは一苦労です。ご注意下さい。カシュガルから出発するバスはカシュガル近郊の街の他、ウルムチやイーニンなどへの寝台バス、キルギスのビシュケクやパキスタンのススト行きの国際バスなど多種多様です。

 


   

  【Qeshqer's Highlight】

 

    ■エイティガール寺院 

市内中心にある新疆最大のイスラム教寺院です。寺院前には大きな広場があり、毎日多くの観光客や地元の人でにぎわっています。ウイグル人にとってかけがえのない場所です。また、寺院脇からはカシュガルの見どころの一つである職人街へと繋がっています。(詳しくは後述)

 

 

    ■職人街 

 手工業が根付いている一帯です。

ここでは他の都市では見られなくなった物も多く見かけることができます。金物からウイグル楽器、ナンの生地の穴あけ器(トゥクチェ)、業務用のせいろなど、職人技を堪能しながらお土産を探すのもいいでしょう。

 

 

    ■アパク・ホージャ墓

別名「香妃墓」(乾隆帝のウイグル人妃子・香妃)が葬られたと誤伝されたため)とも呼ばれている、16世紀末の著名な指導者とその家族の墓。春にはバラが咲き誇り、とても綺麗でした。街からは少し離れており、バスだと20路バスで行くことができます。

 

 

 

 ユフス・ハズ・ジャジェブ墓

人民公園の南、カシュガル市第12小学校の敷地内にあります。ユフス・ハズ・ジャジェブは世界で初めてアラビア文字を使ってトルコ語を表記したことで有名な11世紀後半の人物です。バスは.14.16.18など「地委」で下車して下さい。春はバラが咲き誇ってとてもきれいでした。

 

 

   

  ■バザール 

カシュガルへ来たなら(特に日曜に)訪れて欲しい場所です。果物から調味料、衣類、など様々なものが売られています。根気よく交渉しながら買い物を楽しんで下さい。バスは7路や20路があります。タクシーにも「チョンバザール(大きなバザール)」と言えば連れてってくれます。

 

 

 

    ■莫爾仏塔(ばくじぶっとう)
 
市内から北へ約30km程行ったところにある仏教遺跡で、中国最西端にある価値の高いものです。1000年以上前のものといわれています。ここへはバスなどでは行けないので、タクシーをチャーターするか、旅行会社へ相談してみて下さい。タクシードライバーには、ここを詳しく知らない人もいます。写真を見せたりするほうがいいと思います。
 

  

 

 

 

 

 

さらにカシュガル近郊も旅をする方は「カシュガル近郊」へ

 

 

 

 

 

copyright ©2010-2013 SEYNA