2013/05/12号

マンタ作りに挑戦!

 
    
 
大好きなウイグル料理、今回は週末のランチにマンタを作ってみました!
(所要時間60分~90分)
 
今回使用した材料3~4人分
 
 
【トレーの中】卵1個、玉ねぎ1/2個、塩、クミンパウダー、水
【トレー以外左から】白菜 ラムのひき肉250~300g、小麦粉(薄力)300g
写真の材料の他に胡椒も使用しました
 
まずは生地作りです
 
 
ボールに小麦粉、卵、塩少々を加え、水を少しずつ足しながらこねます
水の量は温度・湿度によって異なりますが、この日は120ccほどで程よくまとまりました
目安としては粉の量の半分以下だそうです(例:粉が500gなら200~250cc)
 
程よくまとめたら、乾燥しないようにラップでくるんで約30分寝かせます
生地を寝かせている間に餡を作っていきます
 
 
粗みじん切りにした白菜、玉ねぎとラムのひき肉をボールへ
今回玉ねぎと白菜を使いましたが、ニラもよく使われます
また、野菜をカボチャに変更するとカワ・マンタとなります
 
 
そこへ塩、胡椒、クミンパウダーで下味をつけます
 
 
しっかり混ぜわせたら、冷蔵庫へ
 
 
次に寝かせておいた生地を伸ばしていきます。ラップを外して少し捏ねたら
 
 
赤ちゃんの肌のように柔らかくなりました!
 
それを4等分して棒状に伸ばします
 
 
さらに細かく(大体親指サイズくらいに)カットします
 
 
手のひらで押しつぶして、綿棒で薄く丸く伸ばします
これで皮の完成です
 
 
冷蔵庫から餡を取り出して、包んでいきます
餡をたっぷり入れるのがポイントです
 
 
この「包む」作業が難しかったです。うまくいかず試行錯誤・・・
結果、この日はいろんな形のマンタを作りました
 
 
あとは蒸し器に入れて18分~20分蒸せば完成です
なんとかマンタが出来ました!
 
 
ウイグル語の先生特製のラズジャムをポン酢で割ってつけました
そのままでも美味しいマンタがさらに美味しくなりました
 
 
 
今回作ってみて気づいたことは、皮が薄すぎると蒸しあがりに裂けてしまうし、
厚すぎると食感が損なわれてしまうし、と皮の具合が私の今後の課題です
それでも、ふっくら蒸し上がりは肉汁もたっぷりでとても美味しかったです
 
興味のある方は是非作ってみて下さい
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
copyright ©2010-2013 SEYNA