2013/03/24号 

送別会&祝賀会

 
 
 
前日に仕込んでおいたカザンカワプ(左)と当日大人気だったコルダック(右) 
 
 
先日3月16日(土)、私たちの活動に参加してくれているウイグル人留学生3名の進学&就職を祝う会をもうけました。
日頃SEYNAを支えてくれている方、過去にイベントに参加してくださった方など顔見知りだけの会としましたが、
それでも総勢21名の方がお越しくださいました。 
 
今までのイベントで一番の大人数ということもあり、この日は初めてビュッフェスタイルを採用しました!
そしてこの日のために注文したラム1頭を朝からミンチにしたり、角切りにしたり・・・
正午頃にはポロをはじめ、
コルダック、カザンカワプ、ペティルマンタ、カワマンタ、ナンにハムセイと、たくさんのウイグル料理が出来上がり、
参加者もそろったところでイベントスタートとなりました。
 
 
 
左からお肉たっぷりのポロはなんと8合分!!、蒸す直前のカワマンタ、可愛く盛り付けたハムセイ
 
 
 
 
   ▲みんなでマンタ作り
 
 
一度にこれだけのウイグル料理を、しかも大量につくるのは初めてのことで、どうなるか不安も大きかったのですが、
イベント参加者のみなさんが朝早くから手伝ってくださり、
どうにか間に合わせることができました。皆様、本当に本当にありがとうございました!そしてお疲れ様でした。
 
ウイグル料理のフルコースをいただきながら、談笑しながら
こういう楽しい時間は本当にあっという間に過ぎてしまいました。
 
 
 
左からこの日のために焼いてきてくれたナン、同じく作ってきてくれたサンザ、大粒のチラン(干しナツメ)とキシミッシュ(グリーンレーズン)
 
みなさんのおなかが少し満たされたところで、私たちからこの日主役の3名へのサプライズ、
こっそりみんなで書いた「色紙」をプレゼントしました。色紙の真ん中にはさっき撮ったばかりの写真を貼って。
「色紙をもらうのは初めて」と語ってくれる3人の笑顔に
色紙を贈ろうと思った私のほうが、なんだか嬉しくなっていました。
 
こうしてみんなで3人の門出を祝うことができて、私たちも本当に嬉しく思っています。
新しい街や新しい生活は、最初は緊張と不安でいっぱいかもしれません。
ですが、私たちは普段みなさんがどれだけ苦労を重ね、努力してそこへ辿り着いたかを見てきました。
だから言えます、
「大丈夫。頑張って」
 
イベント後、日本人の方からは「旅行したような満足感」「素敵な一日だった」、
ウイグル人の方からは「故郷に戻ったみたいだった」と言っていただけました。
送る側のみなさんにも温かい気持ちになっていただけたのなら、もう何も言う事はありません。
この日のこの空間は私たちが目指している“SEYNA(庭)”になれていたのかもしれません。
 
またみんなで集まりたいなぁと思える、とても素敵な会になりました。
ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。
 
 
 
 
サプライズの色紙はメッセージをラクダに乗せて 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
copyright ©2010-2016 SEYNA